HAM(ハム)の免許を取ろう!
アマチュア無線(HAM)の無線機を操作するには
アマチュア無線技士の資格(無線従事者免許証)と
局免許(コールサイン)が必要です!

3、4アマの無線従事者免許証&局免許の取得方法

国家試験受験
(事前申し込み)

国家試験受験
(当日会場受付)

講習会受講

国家試験申請書を購入

事前に申し込まなくても当日会場で申し込み、受験、合否確認、従事者免許申請が可能。

詳しくはココ
2ページ、5項

定期会場
東京(晴海)
日本無線協会本部

臨時会場
ハムフェア会場
関西ハムの祭典会場

合格率60〜70%

ちと高いが
合格率(95〜100%)

JARD

QCQ企画

(申請書郵送)
必要事項を記入
振込金受領証を貼る

申し込み期間
試験日
試験場所等

受験票到着

勉強

受験(合格率60〜70%)

晴海なら受験後に合否判明&申請書購入&免許申請可能

合格通知ハガキ到着!
(約1週間後)

無線従事者免許申請書を
購入&申請

無線従事者「免許証」到着(申請後1〜3週間後)

アマチュア無線局開設申請書購入&申請

局免許=無線局「免許状」(コールサイン)到着(申請後2〜4週間後)

1、2アマの無線従事者免許証&局免許の取得方法

国家試験受験
(事前申し込み)

詳しくはココ
合格率20〜40%

無線従事者免許申請書を購入&申請
(日本無線協会経由で申請、又は直接総合通信局に申請)

無線従事者「免許証」到着(申請後1〜3週間後)

アマチュア無線局開設(変更)申請書購入&申請
同一コールサインで、移動局(50W以下)、固定局(50W超)の申請が可能

局免許=無線局「免許状」到着(申請後2〜4週間後)

※:現在は2アマも講習会で取得可能になりました。

資格

操作範囲

私的コメント

1アマ
無制限(実質1KW以下?) どうしても200W超出したい方。
自己満足したい方。
向上心旺盛の方。
講習会の講師になりたい方。
登録点検事業者制度の点検員(制限あり)になりたい方。

2アマ
200W以下 10,14MHz帯に出たい方。
HF帯で100W以上出したい方。
コリンズ(Collins)の無線機を使いたい方。
200W以下なら技適無線機があるので局免許申請が楽。
一般的にこれで十分である。

3アマ
50W以下
HF帯の10,14MHz帯除く
18MHz帯に出たい方。
モールス通信をしたい方。
HF帯10Wでは物足りない方。
移動局は50W以下なので、主に移動運用の方はこれで十分。

4アマ
10W以下(VHF帯以上は20W以下)
10,14,18MHz帯除く
モールス符号による通信操作を除く
モービル機、ハンディー機、移動で主にVHF帯以上で運用する方。



学生時代に晴海で受験して取得した電話級(現4アマ)
その後、3アマ、2アマと晴海で受験して取得
(その他、1陸特、航空通、1陸技、1海通も晴海で受験して取得)


2アマで十分と思っていたがモールス試験免除となったので、
早速2005年12月期試験を受験し取得した1アマ


アマチュア無線技士の受験票と結果通知書
(平成18年度?から変わったらしい)


無線従事者免許証(技術士&通信士)

手帳タイプ(155mm×70mm)


無線通信士

表紙、表紙の内面、1〜4頁、
裏表紙の内面、裏表紙

通信士は国際ライセンスなので
英語表記もあり頁数が多い


無線技術士
 
表紙、1〜2頁、裏表紙


無線局免許状


アマチュア(個人)局
アマ(個人)局は、「免許人」=「選任無線従事者」


無線局免許状(開局当時):114mm(タテ)×226mm(ヨコ)


無線局(移動)免許状:153mm(タテ)×216mm(ヨコ)


↑ 無線局(固定)免許状:153mm(タテ)×216mm(ヨコ)


業務局(例:実験局)
プロ局は、一般に「免許人」≠「選任無線従事者」なので、
「無線局免許状」と「無線従事者選任届」とのセットになっている。


無線局免許状:A4(タテ)サイズ


無線従事者選任届:A4(タテ)サイズ